もう年が明けてからというもの・・・テレビでは連日、コロナコロナと大騒ぎですね。なので、毎日のように書いているこのブログも自然と、新型のコロナウイルスんの話題に触れてしまうことがほとんどなっているのですね。自分自身でもこの話題には触れないでおこうと思うのですが、ブログのネタが毎日の出来事から連想していくことが多いので、新型のコロナウイルスに触れないで通り過ぎることが難しくなっているのですね。この期間に新しい習慣というのが出来たのですね。それはやはり、外出するときにはマスクをして外に出るという事ですよね。やはり未知のウイルスには感染したくないもので自分でデキることは徹底するという事です。そんな中今までの人生で毎日マスクをして生活がしたことがないものだから・・・・新しい習慣に新しい弊害が出てきたのです。その弊害というのは「布マスクをすると顎がかぶれる」という事実ですね。布マスクで群れたせいなのか顎周りに吹き出物が出来るは・・・かゆくて仕方がなくなり夜も眠れないという事になっているので思わぬ弊害ですよね・・・毎日マスクをしなければ気が付きませんでした。

もちろんこういった現象というのは、浮気にも同じことが言えるようですね。というのも、もちろん「浮気を始めると、顎がかぶれる」というわけではありませんが、人それぞれある程度の変化というのが出てくるのです。その変化に気が付かないでいると浮気のサインを見逃す結果になってしまうのですね。いったいどういった変化が起こるのか?いくつか例をあげると・・・「怒りっぽくなる」という事が出てきます。

これは、やはり妻や夫以外の女性や男性と浮気の関係が始まることによって、気が付かないうちに浮気をしている本人は、自分の夫や妻と自分の浮気相手の女性や男性を比べてしまうのですね。そうなると、生活を共にしないで相手のいいところだけに目を向けていればいいのが浮気相手というのが常識なので、いいところしか見ていない浮気相手と、一緒の生活を共にしている妻や夫という事になり次第に妻や夫に不満を感じるようになるのです。その結果浮気をしている人ほど、家庭で何か起こるたびに浮気相手と妻や夫を比べるので我慢が出来なくなり大きなケンカになってしまうことが少なくないのですね。

まさか、夫や妻が浮気をしているとは・・・と考えもしていなかったりすると、そのちょっとの浮気のサインに気が付くことなく、気は付いた時には浮気相手との関係性はどんどんと深いものへと変貌していってしまうのです。その結果夫婦の不満は溜まる一方で浮気相手との関係は深い物にとなると浮気相手と自分が生活することを夢見るしまうのかもしれないです。とにかくいきなりの逆切れ、訳の分からない怒りには浮気のサインと思って要注意です。

総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室では皆様からの相談をいつでもおまちしております。

春・夏もお試し調査プラン継続中!