普段生活をしていると、なんでか?はっきりとした理由はわからないのだけれど、「なんでこの時にこっちを選んでしまったのだろう」と後々に考えることがあったりはしないでしょうか?例えば二択、AかBかどちらかがを選ばないといけないという状態の中で、正解である方に確信があるにも関わらず、一瞬の迷いが自分の中で起こり・・・普通の精神状態であれば選ばない方の選んでしまいその結果、二択が外れてしまうという経験をお持ちの方は少なくないのではないでしょうか?こういった選択肢を間違えた瞬間に、「いつもならこっちなんか選ばないのに・・・・」と自分自身のがっかりするという事も少なくないようですね。

先日浦和市内において浮気調査の依頼という事で、越谷の事務所から浦和市内へと車で向かていたのですね。越谷市内や浦和市内にお住まいの方であれば、皆さん知っているかとは思いますが、越谷と浦和方面というとなるといくつかの渋滞ポイントというのが多数あるのですね。できれば渋滞を回したいと考えることが多く、やはり時間を約束しているという事で私自身いつもとは微妙に違う精神状態だったのですね。そのせいもあり、いつもは選ばない抜け道を選択して、浦和市内へと向かったのですが・・結局は選択ミスでいつもより混んでいるという結果になってしまったのですね。こういった出来事というのは普段の生活にもたくさん隠れているのです。

そんな中、浦和市内での浮気調査の依頼を受けるために浦和市内の依頼者の自宅にて面談を行たのですが、その際「なんで、浮気なんかするんですかね?」という話になったのですね。なんでも夫婦仲は悪くはないとのことで、浮気をしているという事が不思議で仕方がないという浦和市内の依頼者なんですね。実は、女性とは大きく違うところが男性の浮気にはあるのです。男性が浮気をする場合には、男性を動物として生物学的にとらえるならば、「なるべく多くの子孫を残そうと行動するのが男性には多い」という傾向があるのですね。もう、これは本能です。となると単純に浦和市内の依頼者が言うように夫婦仲が悪くなくても本能的に・・・ごく自然に、浮気をしてしまう人が少なくないという事になるのですね。これは、もちろん本能的なことであるので、浮気をすることに理由なんかはないのですね!ただ単純に・・・・という話になってしまうのです。

となると本能的な男性ほど妻や恋人に何も不満がなくても浮気をしてしまうという男性が少なくないということなのです。浦和市内の依頼者の夫とは、また逆でそこまで本能的ではない男性でも浮気をする人は少なくないのですね。そういった本能的ではない男性でも一般的に浮気が始まるというのは「同級生との再会」「環境の変化」「妻や恋人への不満」という事がきっかけになってしまう事があるのですね。

こういった場合においても、浮気相手と出会ってしまって、浮気が始まるときになんかは、本能的でないのであれば理由があるのでしょう?とも思うのですが、始まった時点においては、浮気相手になった女性と浮気を始める理由なんて言うのは無いのですね・・・・。浮気相手との関係性が継続すればするほど妻や恋人への罪悪感から、自分で浮気をしているという事実を肯定するために必死で浮気が始まってしまった理由を後付けして少しでも妻や恋人にも責任があるかのようにしてしまうという事があるのですね。となると浮気が始まるにまで男性は特に何も考えて居ないことが多く、ただたんに欲求不満の解消ということが多いようなのですね。となると浦和市内の依頼者のように夫婦仲が良くても浮気をしてしまうという男性は少なくないのです。

総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室では皆様からの相談をいつでもおまちしております。

夏もお試し調査プラン継続中!

迅速調査対応地域

【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・柏市・流山市・松戸市・八千代市・成田市・白井市・市川市・浦安市
【埼玉県】さいたま市・越谷市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市・朝霞市・吉川市・新座市