雨続きの毎日ではありましたが、なんとも元気に過ごすことが出来ていますね。朝大雨が降っていたと思ったら、家に帰ることには、雨も止んでちょうどいいころ合いの曇天となると傘を差さずに帰宅するのですね。その結果、事務所の中や、コンビニの出入り口、途中立ち寄ったスーパーマーケットなんかに傘を置き忘れて自宅に帰ってしまう・・・という事が起こりやすい時期なのですね。私自身、傘となると基本的にビニール傘を使っていることが多いのです。理由は、透明なので雨の日の浮気調査なんかで、浮気の現場を見張るときに視界を確保するのに最適という事がほとんどです。こういったビニール傘だから忘れてしまうのかとも考えたのですが、今の時代ビニール傘とは言っても1,000円近い値段なので、ビニール傘は馬鹿にできませんよね。となると置き忘れたりするという事はある程度本人の性格にも問題があったり、その時に考え事をしていたりという事が大きな原因なのかもしれないですね。

一言で浮気となると何となく、夫や妻がパートナー以外の人と逢瀬を楽しんでいるというイメージがありますよね。もちろんその通りなのですが、大きな問題としては、やはり性格上、異性関係にだらしがない・・・・という所があるのでしょうね。その証拠に浮気調査をしていると、浮気をしている男性側、女性側のどちらかがだらしがない雰囲気を持っていることが多いのです。以前さいたま市内において浮気調査を実施していた時の事・・・・さいたま市内での浮気調査は、夫が働いている草加市内の会社の事務員の女性と浮気をしているのではないか?というような内容でした。確かに、さいたま市の依頼者の妻が集めた情報によると、草加市内の勤務先の女性従業員名義の診察券と処方箋を所持していたことが判明しており、かなり浮気相手である確率が高かったのです。そんな中さいたま市内の自宅と草加市内の職場を中心とした浮気調査を開始することとなったのですね。

浮気調査の結果、草加市内の職場を出た後に、2日に1回のペースでラブホテルに二人で通っていることが浮気の証拠として撮影が出来たのです。そんな中同僚の女性を草加市内のラブホテルから車で追跡するときの出来事でした・・・。その女性が乗る車は・・・さいたま市内の方に向かっていたのですが車のナンバーをよく見てみると・・・なんと・・・栃木県のナンバープレートが付いているのですね。もちろん現段階で名前が処方箋なんかで判明しているのですが、浮気調査の最終目標としては損害賠償請求をするのに浮気相手が住んでいる住所を判明させる必要があるのですね・・・。そのために浮気相手の女性を草加市内のラブホテルから追跡しているわけなのです。

最終的には、浮気相手女性はさいたま市内の大きな団地へとたどり着き、団地内の駐車場に車を止めて自宅へと帰っていったので、自宅を確認することが出来たのですが、もしも、この浮気相手が大規模なマンションに住んでいてオートロックだったのならば・・・こうも簡単には住所を特定することが出来なったでしょうね。私たちも不法侵入はできないですからね・・・・そういった時には、草加市内からさいたま市内へと尾行していくときに、浮気相手女性の車のナンバーなんかで情報を取って住所を調べる事があるのですが・・・・この女性の車のナンバー、おそらくは栃木県内からさいたま市内へと引っ越してきて、草加市内で働いているといことなのですね。車のナンバーが未だに栃木県内という事は、この車のナンバーで調査をしてもさいたま市内の住所ではなく栃木県内の住所が判明してしまい、結果そこから住所を辿っていくために多くの調査を追加しなければならないことが出てきてしまうのです。やはり、浮気をしている人の中には、このさいたま市内の浮気相手女性のナンバープレートのように、少し面倒なことをやらずに暮らすという、だらしない部分が見え隠れすることがあるのですね。

総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室では皆様からの相談をいつでもおまちしております。

夏もお試し調査プラン継続中!

迅速調査対応地域

【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・柏市・流山市・松戸市・八千代市・成田市・白井市・市川市・浦安市
【埼玉県】さいたま市・越谷市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市・朝霞市・吉川市・新座市