もう、そろそろでしょうか?梅雨明けが近づいてきてくれるはずですよね。そういった中ではありますが、来週の火曜日でしたっけ?土用の丑の日という事なのですね。土用の丑の日となると、一つの習慣として「うなぎ」を食べるという事が日本の中では、定着しているようですね。もちろん私も日本人なので土用の丑の日と聞くと、すぐに、うなぎ!という事で思いつくほどウナギが食べたくなることがあります。ところで「土用の丑の日になんでウナギを食べるの?」なんてことを疑問に思ったりしてしまうのですね。そういった中ではありますが、少しばかり調べてみたところ、もちろん諸説ありますが、大昔、江戸時代の話ではありますが、「飲食店の店主でウナギ屋さんを開いていた人男が、自分のお店の商品であるウナギを流行らせて商売繁盛を狙って、土用の丑の日にはウナギを食べて精をつけようと、軒先に土用の丑の日という上りを掲げて宣伝した」というのが始まりのようですね。そうなるとその人自身が親子丼のお店だったら、きっと今頃は土用の丑の日に親子丼を食べていたのかもしれないですね。なんてことを考えていますが、驚いたのはそんな江戸時代のころでも、今と変わらずに、「どうやったら、お店が繁盛するのか?」「どうすれば事柄がうまくいくのか?」ということについて考え抜いて実行しているという事なのですね。何かを成功しようと思うならば、考えて行動しなければならないという事です。

浮気調査の世界でも同じようなことが言えるのですね。以前、越谷市内での浮気調査を行っていた時の事、依頼者は女性で越谷市内に住んでいたのですね。夫の浮気調査という事だったのですが、この越谷市内の奥様ですが、私たちのところへ依頼をするまでの間に、何とか浮気の確信を得る証拠を見つけるために半年間ほど自分自身で努力をしてきたとのことだったのですね。というのも、浮気をしているという夫の携帯電話は、携帯電話にも暗証番号、そしてLINEの画面にも暗証番号と2重のロックをかけていたとのことなのです。もう、この時点で浮気をしているのでは?という事には、ほぼ黒ではあるのですが、越谷市内の奥様としては、なんとしてでも自分自身で確信を得たいとのことだったのですね。

なんとしてでも、2重にかけられているロックを解除して携帯電話の中から浮気の確信を得る証拠を、見つけ出すために越谷市内の奥様は驚きの行動に出たのです。それは、夫はトイレに入ると長い間出てこないという事で、おそらくは、トイレの中で浮気相手とのやり取りをしているという事を推測したのです。その結果、トイレの中に映像で監視のできる構造を設置、夫が越谷市内の自宅に帰ってから夜な夜なトイレの中で携帯電話のロックを解除する状況を監視することで最終的に2重のロックを解除するための暗証番号を判明させることが出来たとのことなのですね。その結果、夫の携帯電話の中を見ると予想通り、浮気の証拠となるLINEのやり取りを見つけ出すことが出来て、鎌ケ谷市内の奥様も夫が浮気をしている確信を得て私のところへと浮気調査の依頼に来たとのことだったのです。もちろん夫は、まさか2重のロックが解除されているとは気が付いていなかったので、浮気相手女性とのやり取りが常に監視出来る状態へとなり、常に越谷市内の奥さんからの情報が入る状態で浮気調査をしっかりと進めていくことが出来ましたね。やはり、何をするにも、問題を解決するためでもしっかりと考えることが大切なのかもしれないですね。考えたうえでの決めた事柄というのは、自分自身でも後悔することなく進めていくことが出来るのかもしれないです。

総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室では皆様からの相談をいつでもおまちしております。

夏もお試し調査プラン継続中!

迅速調査対応地域

【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・柏市・流山市・松戸市・八千代市・成田市・白井市・市川市・浦安市
【埼玉県】さいたま市・越谷市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市・朝霞市・吉川市・新座市