この半年間ほどの話ではあるのですが、浮気調査を含む各種調査であったり、浮気に悩む方のご相談を受けに埼玉県各地に赴いているのですが、その中で去年とは明らかに変わったことでいうと、「常にマスクを」という事になるのですね。その影響もあってか自分自身が、本当にデリケートな人間であることを改めて認識するような出来事が起きているのです。というのも、毎日毎日マスクをしていると、マスクの種類によっては「肌荒れがひどい」という状況なのです。はじめのころは「普通の紙のマスク」を付けたりしていたのですが、2日間ほどで顎がかゆくて仕方がない・・・・という状況、次にガーゼのマスクという事で試してみたのですが、苦しくて苦しくてとてもじゃないけどつけて居られない・・・・なんて状態に・・・最終的にはウレタン製で出来たマスクに落ち着いたのですが、これでもあまり長時間にわたって装着していると、特に顎のラインが、かゆくてかゆくてたまらなくなる・・・といった状態になってしまうのです。だからといってマスクをしない訳にも行かないので、今年はマスクをしながらの覆面探偵で皆様のところへ駆けつけているのです。今年は仕方がないかもしれないですね。

こういった影響というのは、探偵さんたちを悩ませる結果にもなっていることが多いのですね。埼玉県のさいたま市内において浮気調査の依頼を受けた際の話ではありますが、さいたま市内の依頼者は女性で、浮気をしている夫の職場も自宅と同じ千葉県の習志野市内だったのですね。浮気の状況について詳しく話を聞いていると、「夫の浮気に気が付いたのは、今から2か月前」「一度問い詰めてみたが知らぬ存ぜぬ」「浮気を認めないので、夫に分からないように携帯電話の中を確認したりしていた」「どうやら浮気相手の女性は夫と同じ習志野市内の職場に勤める女性で夫の部下」「夫は仕事柄泊まり込みでの仕事があるので、その日が怪しいく、泊りでの仕事のふりをして浮気相手の女性とどこかのラブホテルに行っているようだ」等々の状況であったのですね。こういった事もあり、浮気の事実を確認するためのさいたま市内を中心にして浮気調査を行う事としたのです。

こういった中で浮気調査を始めて、夫や浮気相手女性が埼玉県さいたま市内の職場から出てくるのを、張り込んで待っている時の出来事だったのです。ちょうどそのころの時期は、春先ということで「花粉症でマスク」という人が大半で、人物を見分けるに一苦労するくらい大勢の人がマスクをしていて、特に女性の場合「顔が小さい」という事もあって「マスクで顔がほとんど隠れてしまう」という現象が起きているのですね。それに加えてひとによっては「眼鏡をかけている」というような状態が続いているので・・・・浮気相手の女性であるかどうか?という転でかなりの神経を使って張り込みをしなければならない状態になってしまっているのです。

こういった状態で浮気相手であったり、調査対象者を見極めるとなると、やはり、「歩き方」「持っているカバンや他の物」「履いている靴」等々が重要になってくる事があるのですね。こういった部分を確認しながらしっかり見極めるためにもさいたま市内でのこの調査においても事前に身に着けている物をしっかりと確認して、調査の役に立てている事があるのです。

総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室では皆様からの相談をいつでもおまちしております。

秋もお試し調査プラン継続中!

迅速調査対応地域

【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・柏市・流山市・松戸市・八千代市・成田市・白井市・市川市・浦安市
【埼玉県】さいたま市・越谷市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市・朝霞市・吉川市・新座市