「補強」という言葉、何となく日常生活において使わない言葉ではあるけれど、ちょっとした作業や運動の際には「補強」という言葉を使うのではないでしょうか?よく知っている言葉ではあるけれど、そもそもその言葉の意味といいうのはいったい何のなか?という事になるのですが、そ意味とは「弱い部分であったり、足りないところを補って強くすること」という事になるのですね。なので、「堤防を補強する」であったり、「浮気の証拠を補強する」という言葉の使い方になって、「強化」「増強」と似たような言葉ではあるけれど・・「補強」という言葉は補うという言葉が入っている分弱いところ、弱点に特化した言葉なのかもしれないですね。という事で、総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室の補強しなければならないところというと一体何なんであろうという事を少し考えたりもするものです。弱いとことというと・・・なんでしょうか・・・やはり、それは代表者の私がすべての依頼者との面談をしている分、調査計画や浮気調査の料金の見積の時に、心のやさしさが出てしまう分・・・システマチックに計画をしていくわけではない・・・という所があるのかもしれないですね。そこが弱いところといえば、弱いところなのかもしれないです。そこを補強するためにも人情派のスタイルを捨てなければ?ならない?とも考えるのですが。やはり、性格の問題なのでそんなに簡単なことではないですよね。

浮気の証拠を補強するという事で考えると、過去の浮気調査で埼玉県越谷市内において浮気調査依頼を受けた時ではありのですが、浮気に悩む越谷市に住む女性が相談にきたのです。浮気に気が付いたのは、半年ほど前の事だったというのですが、なんと夫の携帯電話の中には「浮気相手女性とのエッチなLINEのやり取り」であったり、「浮気相手女性と肉体関係の時の動画」なんかがたくさん入っていたというのですね。あまりの内容の激しさに・・・夫を問い詰めることも出来ずに半年間が経過して今に至るという事で浦安市でより、浮気調査の相談に来たのですね。

そこまでの状況であれば、もしかしたら浮気調査をしなくても内容によっては、浮気相手女性に損害賠償請求できるのでは?とも思ったので、越谷市内の依頼者に内容を見せてもらったのですね。LINEの内容はやはり、結構過激な内容ではあるものの、完全なる証拠とまではなりませんよね?「悪ふざけ」「LINEでこうやって話をするだけの関係」「実際にはしていない」等々夫を問い詰めたところでそういった言い訳がなされることが予想されてしまいます。さて問題の動画・・・という事にはなるのですが、内容を確認しても顔は写っていないし、誰と誰が行為そのものをしているのかがわからない・・・・という状況にあるのです。確かに・・・・これでは、まだまだ言い訳がたくさんできるし・・・何より、浮気相手女性が誰なのか?という事が特定されていないのですね。

そういった事もあり、越谷市内の依頼者がしっかりと浮気相手女性に損害賠償請求をできるように、浮気調査を計画することとなったのです。普段であれば浮気の証拠となる「ラブホテルやビジネスホテルの出入り2回程度」、浮気相手女性の自宅であれば「浮気相手女性の自宅への出入りを3回程度」という事が多いのですが、今回でいえばすでに、濃厚な肉体関係の動画や、浮気相手女性とのLINEのやり取り、浮気相手女性と車の中で話している音声データ等が残っているので、浮気相手女性と一緒に行動しているところ、ラブホテルへの出入りや、自宅への出入りという所を単発でも確認することで、今までに越谷市内の依頼者が集めてきた浮気の証拠を補強することをメインにした浮気調査の計画という事になったのですね。

しっかりと浮気の証拠となる動画や写真という形で映像化することで、目に見えていない、音声データや、LINE等の文章もよりリアルな浮気の証拠として、補強することが出来るし、浮気の証拠として撮影した写真や動画も越谷市内の妻が集めたLINEの文章や音声データがあることで、より強固なものへとほyこうされるという・・・まさに無双状態になるという事なのですね。

総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室では皆様からの相談をいつでもおまちしております。

秋もお試し調査プラン継続中!

迅速調査対応地域

【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・柏市・流山市・松戸市・八千代市・成田市・白井市・市川市・浦安市
【埼玉県】さいたま市・越谷市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市・朝霞市・吉川市・新座市