普段生活をしていると、多くの方に言えることかもしれないけれど、自分の中で「ここまでは許せる」「ここから先に進んでしまってはいけない」なんていう風に、ある意味「ボーダーライン」的なものをしっかりと引いている人が居るのではないでしょうか?こういった話をするという事は、もちろん総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室にも、ボーダーライン的な判断基準というのがあるのですね。もちろん個人的なことから始まり、運営していく事を考えた際の事柄まで多岐にわたるボーダーラインというのが存在するのですね。単純に浮気調査をしていく事を考えた時に、もちろん人間が行動するのを尾行していったりして「写真撮影」「動画で撮影」をして「浮気の証拠」というものを確保していく事になるので、撮影できる状態でしっかりと尾行していくという事になるのですね。ここで判断されるのが、「どのくらいの距離まで離れても撮影できるのか」「距離が近くても浮気を調査をしている事がばれないのか?」という事の判断基準であったり、浮気を立証していくために必要な証拠をどの程度撮影して行くのが浮気調査の成功の基準なのか?なんてことについて一線を引いていたりするのですね。そうやって成功の基準をし怒りと設定しておくことで、浮気調査の対象者らと適切な距離感で行動していくことが出来るようになるのですね。

こういったボーダーライン的な話というのは、浮気に悩んでいる方たちにも言えることで、若い人たちの中で良く話題に上がるものとしては、「どこからが浮気なのか?」という事ではないでしょうか?このどこからが浮気?という問題、もちろんその人の判断基準というのは人それぞれなので、一概に言えないことではありますが・・・・人によっては「女性と二人で食事をしたら浮気」という人も居れば、「手をい繋いだらアウト」という人も居るのですね。しかしながら女性と二人で食事をしたからといって、それが不貞行為として認められるのかといわれれば・・・・明らかにそれが不貞行為緒ととらえるのはあり得ない話になってしまうのですね。もちろん不貞行為というものは「法的な離婚理由として定められている事柄」であり、裁判なんかの判例では「婚姻関係にない男女が複数回にわたって性交渉をすること」なんて出ていたりするのですね。となると「性交渉がなければ浮気にならないのか?」という考え方も出てきてしまいますが、そこはあくまで離婚理由となる不貞行為の判断基準ではあるので・・・ね・・・・。

となると、単純に浮気という事で考えるならば、その基準であるボーダーラインは、パートナーの異性に対する嫌な思いをする行動というのが浮気の判断基準になるのでしょうね。しかしながら、これが不貞行為として認められるわけではなく、あくまで法的に不貞行為として認められるものが「性交渉」という所で定義されているので、浮気で離婚という事であるならば、そこに男女間の「複数回の性交渉」の証拠が飛鳥になるという事になるのですね。よく総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室に相談に来る人の中には、ラブホテルの出入りであれば2回撮影されれば浮気の証拠になりえると考えてくる人も居るのですね。もちろん浮気の証拠として考えるならばラブホテルの出入りが2回あれば十分だとは思います。しかし判断基準というのは「男女間の性交渉」という事なので、仮にラブホテルへの滞在時間が30分程度であったり、ものの1時間程度であったのであれば・・・・その短時間のラボホテルへの出入りが1回の負抵抗になるのか?と判断するのであると、総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室の判断としては・・・あまりにも短時間すぎて性交渉がないのでは?と疑われてしまうので、不貞行為の1回としては考えないことがあるのですね。そうなると、ある程度ラボホテルでも、明らかに性交渉が出来ると推測できる時間ラブホテルに滞在してもらわないといけないのですね。そういった判断をすることも浮気を立証するための浮気の証拠を撮影するためには必要になってくるのですね。

総合探偵事務所アルシュ埼玉県越谷市さいたま相談室は、皆様からのご相談をいつでもお待ちしております。

小さな悩みも、早期に相談することが問題解決に向けての大きな1歩となるので、遠慮なさらずにご相談ください。

秋もお試し調査プラン継続中!

迅速調査対応地域

【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・柏市・流山市・松戸市・八千代市・成田市・白井市・市川市・浦安市
【埼玉県】さいたま市・越谷市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市・朝霞市・吉川市・新座市